最近契約したばかりの賃貸オフィス

賃貸物件は機密性のよい家を

最近契約したばかりの賃貸オフィス
木造の二階建ての家に住んでいる姉は、冬に我が家にやってくると、ここは暖かいねと非常にうらやましそうに言います。なんでも、石油ストーブをリビングとキッチンの両方につけておかないと、冬は寒くて過ごせないのだそうです。姉の家にたまに遊びに行くと、いつもガンガンとストーブが点いていますので、灯油代がばかにならないという嘆きを聞きながら、さもありなんと思ってしまいます。そこへいくと、鉄骨の三階建ての我が家は気密性に優れているとみえ、寒くて寒くて我慢できないということはありません。ストーブをつけたままでちょっと動き回ると、暑くてすぐに消してしまうくらいです。

昼間、仕事のために部屋に愛犬と二人の私は、自分のためだけにストーブをつけるのがもったいなくて、部屋用の軽いダウンジャケットを着て、こたつに入っています。愛犬は寒くなればこたつにもぐって全身ぬくぬくですし、暑くなればこたつ布団のへりで寝ています。私もこたつがあれば十分に暖が取れますので、その点でいえば、こたつに入っていても、ストーブがないと寒くて過ごせないという姉の家に比べると、光熱費がかからず、非常にいい家と言えます。賃貸物件を選ぶ場合も、気密性に優れて暖かさを逃がさない物件を選ばないと、コストが高くなるなと思うのでした。
Copyright (C)2017最近契約したばかりの賃貸オフィス.All rights reserved.