最近契約したばかりの賃貸オフィス

家賃が1万円の賃貸物件について

最近契約したばかりの賃貸オフィス
私は以前1万円の家賃の賃貸物件に住んでいました。当時はお金が無く、1万円の家賃でも食べていくのがやっとの生活でした。その家はまず見た目が昭和初期の外観で、とても住めそうな印象はありませんでした。恐る恐る部屋の中に入ってみると壁のあちこちに穴があいており、歩くときしむ音が響いてきました。それでもお金が無い為、契約をして入居したのですが、本当の闘いはこの後でした。まずドアがちゃんと閉まらない所があちこちにあり、風や虫がたくさん入ってきました。トイレ・風呂もない為、トイレは共同の外にあるトイレ・風呂は銭湯にいく毎日でした。正直生活環境は過酷を極めるものでした。でも不思議なことに1年が経ちこの生活にも慣れてきて、今はあまり苦労は感じなくなりました。こんな私は間違っていますでしょうか?家の中も徐々に自分で改修を行いストレスない状態にもってきました。苦労と涙の連続でしたが、今思うと貴重な体験をしたなと思います。

家賃1万円の賃貸物件には結果的に3年ほど住みました。悪い思い出もあり、いい思い出もあり心の中に一生の思い出として残りました。引越しの日は今でも覚えていますが、心が切なくなり涙が止まらなかったことを覚えています。思い入れのあるこの賃貸を一生残してくれたら嬉しいですね。
Copyright (C)2017最近契約したばかりの賃貸オフィス.All rights reserved.