最近契約したばかりの賃貸オフィス

明るい空間を確保できる賃貸物件を

最近契約したばかりの賃貸オフィス
三階建ての我が家は、前が通りに面していますので、南側から光が差し込んできます。けれど、裏は四階建てが建っていますので、北からの光は差し込みません。また、両側には家が建っていますので、階段にはわずかに光が差し込むだけです。そのため、一階のリビングとキッチンには常に灯りが必要です。また、二階も南向きは昼間は灯りなしで大丈夫ですが、北側の部屋は薄暗いため、灯りが必要です。三階は南に向けてワンルームにしているため、ここだけは薄曇りの日であっても、昼間も電気がいりません。そう考えると、賃貸物件を借りるときの日当たりというのは、非常に大切であることに気づきます。

南向きの三階の部屋は、晴れた日であれば、冬でもそこそこ気温が上がりますので、こたつに入っていればストーブをつける必要がありません。これが賃貸物件だとしたら、同じ条件をクリアできれば、光熱費がかなり抑えられるでしょう。昼間、家にいるときに電気をつけず、また暖房のために暖房器具を使わなくて済むのです。これはかなりエコで、経済的な暮らしができると思われます。現在住んでいる住まいのように、日当たりの良さと明るさによって電気代を節約できるというのは、これを賃貸物件で条件がクリアできるとできないでは、大きな差がつくと思うのでした。
Copyright (C)2017最近契約したばかりの賃貸オフィス.All rights reserved.