最近契約したばかりの賃貸オフィス

老後の生き甲斐にもなる賃貸経営

最近契約したばかりの賃貸オフィス
本業がある人が副業として働きながら不動産投資をするのは、肉体的にも精神的にもけっこうハードなことだと思います。たとえば週に一回不動産の様子を見ながら投資を続けていくのはそれなりの覚悟が必要です。また、不動産投資に力を注ぎすぎて本業の方が疎かになってしまってはいけません。このバランスをとるのは難しいことです。ですが、退職した後ならばいくらでも時間がとれるようになります。人によって退職年齢は異なるでしょうが、だいたいは55歳くらいから老後の趣味として行って行くことになると思います。こうした例は特殊かと思われるかもしれませんが、最近の老後の時間の使い方としてはよくある例のようです。

こういう老後に向いているのが賃貸経営です。特に自宅兼で一棟アパートの賃貸物件を貸すようにする方法が素人にもわかりやすいやり方だと言われています。アパートならば比較的手も入れやすいですし、空き室のリスクを減らせるようです。また、一棟のアパートを管理しているという丁度いい規模感のおかげで満足感も高くなると言われています。数部屋借りて貸すのも良いですが、それよりも一棟の管理者だという感じが経営者としての気分を高めてくれるのでしょう。老後の楽しみとしつつ、生活費を稼げるとお得ですね。

注目情報

Copyright (C)2017最近契約したばかりの賃貸オフィス.All rights reserved.